MX MOBILING 2017年度 新卒採用サイト

先輩社員のエピソード

ドコモショップ松戸店 齋藤 亜莉沙 / 2013年入社

入社の決め手

就職活動の際、「人」を軸に企業選びをしていました。その会社で何がしたいのか、ということも重要ですが、目標にしたい人がいるか?一緒に切磋琢磨していける同僚がいるか?を1つの基準としてみていました。沢山の企業を見ましたが、MXモバイリングで働く社員の人柄が自分に合っていたと思います。熱い人が多く、1つの目標に向かって全員で進んでいく。入社してからも、同じような動き方ができる人が多いと感じています。
そういった環境に身を置くと、毎日沢山の刺激があり、自分自身を高めようと努力をするようになります。
「人」を軸にした選び方をして良かったと思いますし、自分自身が目標としてもらえる先輩になれるよう、一層頑張っていきたいですね。

仕事内容

「出張ドコモショップ」のように、私達から法人のお客さまのところに足を運び、スマートフォンやタブレットといったスマートデバイス、コンテンツ等をご提案しています。法人のお客さまが抱える課題を抽出し、業務改善に繋がる提案をするのですが、「モノ提案」だけではなく、モバイルを導入することでこんなコトができるようになるといった「コト提案」力を重視してソリューション提案を行っています。
お客さまは既に取引のあるケースが多いですが、新しくご紹介を頂いたり、お客さまからお問い合わせを頂く事もあります。
今、どの業界でもどんな仕事でも携帯電話は欠かせないビジネスツールです。単に会話ができるだけでは足りず、その携帯電話を使ってビジネスが円滑に進んだり、より多くのビジネスチャンスを生むことができる、そんな期待が沢山つまったツールです。選択肢が多くある中で、どれが一番そのお客さまにとって最適なのか?それが私達の力の見せどころです。「黒澤さんの出してくれたアイディアにして良かった」と評価して頂くためにも、そのお客さまの仕事の流れや事業理解、最新のモバイル技術等の勉強に力をいれています。

こころがけていること

この業界は日々新しい技術や情報が発表されるので、そこをキャッチアップすることが大変なところでもあります。日本だけでなく世界中から新しい発表があるため、自分の情報収集だけでは足りないところは、当部で開いている勉強会に参加してカバーするようにしています。
そこで得た知識を基にお客さまと話をしていると、「あ、これなら喜んでもらえそうだ」「次の提案は、これにしよう」と新しいアイディアが次々と浮かんできます。実際にそれをお客さまにお話しすると、全く知らなったアイディアや思いもしない提案に、ワクワクしてくれます。そんな時、しっかり自分の知識をつけてお客さまに対して還元していくことが、この仕事に欠かせない努力だと感じます。

やりがい

お客さまの潜在的な課題に気づいて最適なソリューション提案ができたとき、とても嬉しいですし達成感を感じます。
例えば不動産業のお客さまでしたら、物件を見に行く道中図面や近くにあるスーパー・カフェなどの周辺施設を見せて魅力を伝えられたらいいですよね。などという会話から、その法人のお客さまが困られていることや、あったらいいだろうなと思うサービスを考えてプラスαのご提案するようにしています。お客さまの心に刺さり、価格以上の評価をしてもらったときは、やりがいを感じますね。

就活生にメッセージ

一番伝えたい事は、諦めずにやり通すことです。就職活動をしていると、自分の武器ってなんだろう?と悩むこともあるかもしれません。私自身も、すごく悩んだ記憶があります。仕事をして分かったことは、諦めずにやり切ることこそが、どんな人にでも身につける事ができる最大の武器だと感じます。確かに、流暢に英語が話せたり一芸に秀でていて、いきなり活躍したり大きな結果を出す人もいるかもしれません。しかし、ほとんどの人はいきなり活躍できるわけではありません。働いている社会人の先輩の皆さんは、キャリアと経験を積んでいるからこそ第一線で活躍しています。キャリアと経験を積むためには、今いる場所で与えられたことに対し、やり切ることです。それができる人に、信頼と仲間が集まり、次のキャリアが拓けていくと思います。私も第一線で引っ張っていく存在になれるには、まだまだ努力が必要です。一緒に切磋琢磨しながら成長できる仲間を求めています。

その他のエピソード