MX MOBILING 2017年度 新卒採用サイト

先輩社員のエピソード

ドコモショップ松戸店 齋藤 亜莉沙 / 2013年入社

入社の決め手

専門学校では観光を専攻しており、お客さまと接する仕事に就きたいと思っていました。小売店や鉄道会社の車内販売など、様々な接客業を見て回りましたが、時間をかけて丁寧な接客ができ、お客さまとの距離が近いカウンター業務に興味を持ち、MXモバイリングを見つけました。
就職活動では、たくさんの会社の面接を受けましたが、MXモバイリングの面接が1番生き生きと、素の自分を出せました。きっと入社してからも、人柄を見てくれる雰囲気なのかな、と思い入社を決めました。また、社員の皆さんがとても優しく対応してくれたので、安心したのを覚えています。

地元で働く魅力

もともと旅行が好きで、東京にはよく遊びにいっていました。就職も東京で、と考えていましたが、就職活動をしていくうちに、自分の軸は「お客さまとの距離が近い接客業」と「自分が生まれ育った地元の役に立つ仕事」という2つだと気づきました。
実際に働き始めてみると、「先月、○○にできたカフェに行きましたか?」「あそこのパンはとても美味しいですよね!」等、ここ盛岡で育ったからこそ話せることや、共感してもらえることが多くあります。「地元の話」がきっかけで、お客さまとの距離が一段と近づくので、休みの日でも、新しいお店や催しなどにはアンテナを張って、自分で行ってみることもします。今度あのお客さまが来店したら、このお店の話をしてみよう!と考える時間も楽しいです。
自分が育った大切な地元で、そこに住む地域のお客さまの役に立てている実感があるので、この選択をして良かったと心から思います。

仕事で心に残ったエピソード(感動体験)を教えてください。

ご年配のお客さまが、「ガラケーからスマートフォンに機種変更したい」と来店された時のことです。スマートフォンはガラケーと比べて、使い方や契約内容に沢山の違いがあるので、それを1つ1つ丁寧にご案内するように心がけていました。私が提案したスマートフォンをすごく気に入ってくれていて、購入後もソフトウェアのアップデートの度に私宛に来店してくれています。ご自身でもスマートフォンに関連する書籍を購入するなど、いつの間にかお客さまの方が詳しい操作手順もあり、驚かされることもあります。私を信頼して頼ってくれる。そんなお客さまとの関係を築けたことがとても嬉しいです。

MXモバイリングのいいところ

入社後の研修の時も講師が気にかけてくれてショップに配属になった後も、何か困ったことがあったら1人で悩まずにいつでも電話をしてねと言ってくれました。その研修を通して、自分に自信もつきましたし、同期との仲が一層強まりました。それぞれ勤務する店舗は違いますが、年に数回は同期でお休みを合わせてリフレッシュをしに旅行に行ったりしています。

就活生にメッセージをお願いします。

様々な企業説明会等に参加し、視野を広げれば自分の将来の選択肢も増えると思います。自分が何をしたいのか?何が合っているのか?迷うことがこれから沢山あると思いますが、ずっと長く働き続けられる会社を見つけるには、将来を具体的に想像して考えることが大切だと思います。その中で、自分が一番生き生きと働ける会社が見つかることを、応援しています!

その他のエピソード